圧着ハガキの開け口

高い開封率が期待できる圧着ハガキを選択しよう

郵便ポスト

広告宣伝のため、チラシなどを封筒に入れて発送しているものの、宣伝効果がイマイチ得られていないという問題を抱えていませんか?封筒の場合、開封するという作業が簡単ではあるものの、面倒さもあり開封されずに放置され期間が経過するという問題があります。結果として開封率が低下し、広告宣伝の効果が得られません。そこで圧着ハガキに切り替えるというのがおすすめです。
圧着ハガキの作成は専門業者に依頼することができます。封筒入りのチラシに比べて印刷コストが割高になるように思えるものの、圧着ハガキは二つ折りや三つ折りにすることができ、広告宣伝の印刷面積が増やせるうえ、郵送料金が安くなります。トータルで圧着ハガキに切り替えた方が、広告宣伝費用を削減することもできます。しかし、圧着ハガキの二つ折りや三つ折りは印刷面積が増やせ、広告宣伝の情報量を増やせると同時に心理的な効果も受け取った側に与えられます。圧着ハガキは簡単めくって中身を見られると同時に、めくりたいという心理的な効果も与えられます。ハガキを見てその場で簡単にめくれるため、高い開封率を実現することができます。開封されもしない封筒入りに比べ目に付く可能性が高まるため、広告宣伝効果を高めることができます。

圧着ハガキなら封筒のような封入ミスのリスクがない

封筒に印刷物を入れて発送する際、封入ミスというリスクが伴います。封筒の宛名と中身が別々に印刷されるため、避けられない問題であり、チェック作業の負担が増えます。しかし、圧着ハガキならハガキに直接印刷となり、封筒のように封入ミスという問題がありません。そのため、会員情報を記載した郵送物、送り先に合わせた内容が誤って送付されてしまうことを避けられます。
圧着ハガキの作成は専門業者に依頼でき、バリアブル印刷を選択することができます。バリアブル印刷は受け取る人に合わせ内容を変えて印刷するものであり、圧着ハガキを利用した請求書や会員情報の定期的な紹介、支払通知などにも利用されます。さらに圧着ハガキは内面に情報が印刷されるため、会員情報を外から見えることなく発送ができます。圧着ハガキの専用印刷機なら部分的に内容が異なる印刷も連続で行え、自社内で大量印刷するというようなこともありません。印刷内容のチェックから発送手続きまで専門業者に依頼することができるため、封筒に案内文書を封入して発送するという作業を根本から見直すこともできます。さらに封筒の場合、郵送コストが84円かかるものが最低でもハガキの郵便料金まで削減でき、割引適用でさらに費用を削減することもできます。

会社やショップの広告宣伝は圧着ハガキでコスト削減しよう

会社やショップで消費者に対して広告宣伝を行う頻度が多いものの、広告宣伝コストを削減できないか悩んでいませんか?広告宣伝チラシを印刷して、封筒に入れ、切手を貼って発送するという一連の作業は様々な費用が掛かるだけでなく、時間も必要とします。そこで、圧着ハガキに切り替えてみませんか?圧着ハガキの作成は専門業者に依頼することができ、これまで社内やショップ内で対応していた作業を丸投げすることができます。
圧着ハガキのメリットは、二つ折りや三つ折りなど通常のハガキに比べ印刷情報量を増やすことができます。1枚の圧着ハガキで封筒に入れるA4サイズのチラシに相当することもあり、封筒にチラシを入れること自体がなくなります。また、専門業者に依頼するメリットとしては宛名の印刷だけでなく、バーコードを印刷して割引が適用されたり、2000通を超えることで広告郵便として割引の適用を受けることができます。郵送コストも84円の郵送料が52円まで安くなるといったこともあります。また、圧着ハガキの専門業者が郵便局への持ち込み代行も行ってくれ、発送にかかる費用を後日まとめて請求してくれるなど経費管理も行いやすくなります。広告宣伝のコストを見直すなら圧着ハガキを導入しましょう。

更新情報

ニュース一覧